会社などに行けない場合は

医者

基礎知識や利用する目的を知りたい

最近は、心療内科や精神科に通う人が増えてきています。それだけ、心の病を抱えた人が多いことを意味しているわけですが、会社に行けないほど精神的にやんでしまっている人も少なくありません。このような場合、まともに会社に通えるわけもなく、長期的に休むかあるいは1週間のうち数回しか会社に行けないなどの状況に追い込まれることもあるでしょう。このような場合うつ病と診断されることも多いです。うつ病と診断された場合で仕事に行くことができなければ、収入減がない状態になるでしょう。このような場合、傷病手当金をもらうことで生活をすることができるようになります。ただ、傷病手当金をもらうといっても条件がありますのでその条件に従って申請する必要があります。まず、条件としては大きなけがをした場合や大きな病気をして会社に通うことができないことです。かつては、うつ病について申請できるかが問題になりましたが、最近はうつ病の患者も多く出てきていることから、申請することが可能になっています。もちろん、何となく精神的にやんでいるのではなく本格的に介護が必要になっている場合や病気により活動がかなり制限される場合に限られます。仕事をどれだけ休むかによっても申請できるかどうかが異なってきます。この点に関して、長期的に休まなければ申請できないと考えている人もいますが、実際はそのようなことはありません。数日おきに休んでいるような場合でも、申請できることもあります。そのため、もし会社に行ける時もあるので申請しても審査に通らないだろうと考えているならば、積極的に申請をしてみるのがよいです。

うつ病で傷病手当金をもらおうとしている場合に精神科や心療内科を利用する目的は、まず診断書を書いてもらうためといえます。もちろん治療することも重要ですが、うつ病で傷病手当金をもらうことが目的ならばとりあえず診断書がなければ申請することができません。そのため、かかりつけの医者に診断書を書いてもらうことが第一の目的といってもよいでしょう。この診断書の内容によって、申請できるかどうかが決まってきます。もし可能ならば、診断書を書くことに対して慣れている精神科や心療内科を選ぶ必要があります。また、さかのぼってお金を請求することができることもあります。例えば、1年前から通院していたけども、その時から会社を休みがちだった場合です。ただ、うつ病になって会社を休みがちだった人でもその時に傷病手当金をもらえることを理解している人ばかりではありません。中には、1年ぐらい経過してから傷病手当金の存在を知るに至る人もいます。この場合には、うつ病と診断された段階からさかのぼってお金をもらうことが可能です。そうすると、もし同一の病院でずっと治療を受けているならばさかのぼってお金をもらう旨を医者に説明すればよいです。しかし、途中で病院を変えた場合などに関しては、最初に通っていたところからも診断書をもらわなければいけません。このように、診断書をもらうことが一つの目的といっても、少々めんどくさいことも考えられます。後は、これから健全に過ごすために精神科や心療内科を上手に利用していきましょう。傷病手当金といっても、半永久的に出るわけではなく1年半しか出ませんのでその間に確実に治していかなければできません。

精神病になった場合

困っている人 会社員がうつ病になった場合には、傷病手当金をもらうことが可能になります。もらえるといっても給料の2/3になります。仕組みとしては、診断書が必要になりそれに応じてもらえるかどうかが決まってくるところです。

詳しく見る

病気になっている場合

院内 うつ病が発生したことにより傷病手当金をもらう場合、給料の2/3までもらうことができます。仮にボーナスをもらっていたとしても、その分は含めません。また、1年半までさかのぼることができるのも大きな特徴といえるでしょう。

詳しく見る

お金の申請等

医者と患者 うつ病で傷病手当金をもらうための準備としては、かかりつけの医師の診断書が必要になります。また、診断書を書いてもらう1年半前までさかのぼってお金をもらうことが可能になります。病院を変更している場合には以前通っていたところにも依頼しましょう。

詳しく見る