精神病になった場合

困っている人

特徴や仕組みを知っておく

最近は、会社人でうつ病になる人が少なくありません。これは、経済の伸び悩みなどが原因とも考えられますが、それとは別にその人の性格や考え方によって発生するものと言えるでしょう。うつ病といっても、目に見えるものではありませんが、深刻な場合には会社を休まなければなりません。そして、会社を休む場合でも長期にわたる場合には生活ができなくなってしまいます。この場合には、傷病手当金をもらうことができるのが特徴になります。傷病手当金をもらう場合には、漠然と申請すればもらえるわけではありません。そして、もらえる金額なども事前に確認をしておくことが大事です。申請をする場合には、病院に行って診断書を書いてもらうことが必要になるでしょう。また、もらう場合にも給料によっていくらもらえるかが異なります。通常は、今まで月額でもらっていた給料の2/3を毎月もらうことができます。例えば、給料が30万円だった場合には20万円ほどのお金を毎月もらうことが可能です。この点だけ考えれば、生活するには十分と言えます。ただ、気をつけておきたいことはいつまでももらうことができるわけではないことです。支給される期間は1年半年とされていますので、その間に社会復帰できるように病院に通って治療しておく必要があります。治療の場合、けがなどと異なり1カ月や2カ月程度で治るものではなく長期的におよぶことがあります。1か月半もお金をもらえるからといって油断するのではなく、うつ病と感じた段階から治療して定期的に医者に相談しておかなければなりません。

会社勤めをしていてうつ病になってしまった場合、傷病手当金をもらうことができますが、傷病手当金をもらうならばしっかりとその仕組みを理解しておくことが必要になります。まず、ぜひ知っておきたい仕組みの一つとしてはうつ病の場合には外見からなかなか病気かどうか判断することができないため、医者が書いてくれる診断書はとても重要になります。診断書を書いてもらう場合には、申請に強いところを選ぶのが一番です。ただ、初めの段階でうつ病により病状手当金をもらうことを意図していなかった場合にはとにかく最初の病院に申請書を書いてもらうように依頼することから始めるべきです。少なくとも普通の病院ならば、患者側が以外をすれば確実に書いてくれるでしょう。後は、それ以外にも書類がありますが、この場合には社労士などを利用すると良いでしょう。社労士などは、傷病手当に関する知識を持っている人がおり、中にはそれを専門的に行っている人もいます。そのような社労士にお願いすれば、支給されやすい内容にしてくれるため、かなり高い確率で支給される可能性があります。とはいえ、嘘いつわりのある内容の場合には却下されてしまいますので、その時の状態をしっかりと伝えることが重要です。退職後ももらうことができるかが問題になります。例えば退職1年半前にうつ病になり会社に行けなかった場合です。この場合に関しても、会社に行けない事実は変わりませんので、当然もらうことが可能になります。ただその時、過去にさかのぼり何度か病院を変えている場合にはうつ病と診断されたときの医師と、現在通っている病院の医師に診断書の作成を依頼する必要があります。