病気になっている場合

院内

初心者向けのアドバイスやメリット

うつ病は、会社に行けないほどひどい状態になるようなこともあります。この場合、会社に行けなくなるとすればお金が入ってきませんので、傷病手当金をもらうことで生活する方法が考えられます。ただ、傷病手当金といっても絶対にもらえるとは限りません。事前の準備物が重要になりますので、どのようなものが必要なのかを理解しておくようにしましょう。まずルールとしては、休んでいる理由や期間が重要になります。期間に関しては、必ずしも長期的に休まなければ傷病手当金がもらえないわけではありません。そのため、たまに会社に行ける程度の状態でも傷病手当金をもらうことができるでしょう。人によって条件が若干異なるものの、勤続年数や役職などによって変動する場合も考えられます。金額自体は、給料の2/3と定められており、それ以上もらえることはできません。給料にボーナスが含まれるかが問題になりますが、ボーナスを含まないと解釈するべきです。そのため、ふだんの給料が少なくてボーナスが多い場合、傷病手当金はそれほど多くもらうことができないため注意が必要です。普段の収入を知るために、提出物としては収入が記載されている源泉徴収票などを提出しなければなりません。これを提出することで、ようやくもらえる金額がわかります。それに加えて、診断書なども重要になってくるでしょう。そもそも、うつ病の場合は見た目だけでは病気になっているのかどうかわかりません。そこで、心療内科や精神科などの医者に行き本当にうつ病であることを証明してもらうわけです。その時に必要になるのが診断書になります。診断書は、お金を払えば書いてもらうことができますので書いてほしい旨依頼しましょう。

うつ病で傷病手当金をもらう場合、給料の2/3ほどのお金をもらうことができますが、最長で1年半ほどもらうことが可能になります。うつ病に長期的に仕事に行くことができないことも考えられますが、そのような期間があったとしても何とか生活できるレベルまでもらうことが可能です。給料が多ければ多いほど、生活水準が高いとみなされてもらえる金額が多くなります。また、さかのぼりすることも可能ですので、その時の条件をよく確認しておきましょう。さかのぼりするメリットは、今まで病院に通っていた期間までも含めてもらうことができる点です。なぜさかのぼりが発生するかといえば、傷病手当金が発生する条件の時でも傷病手当金の存在を知らないような人もいるからです。例えば、一月からずっとうつ病で会社を休んでおり、七月まで休んでいた人がいたとします。およそ七カ月間ほど会社を休んだことになりましたが、そのあいだ傷病手当金のことを知らないとします。そうすると、傷病手当金の存在を知った時から申請することになりますが一月から夏休みの七月までずっと休んでいましたのでその期間全くもらえないとすれば不公平です。そのため、さかのぼってお金をもらうことができます。ただし、仮に一月からうつ病の状態であっても、初めて心療内科や精神科に行き診察をした時をスタートと考えますので、二月から病院に行ったとすれば一月分をもらうことはできません。もしそれがまかり通ってしまった場合には、一月に海外旅行に行き遊びまくっており、二月から突如としてうつ病になり病院へ行った場合でも1月分からお金をもらうことができてしまいます。そのような不公平を避けるために、初めて病院で診察してもらった時がスタートとします。